« 幼稚園開始 | メイン | 深夜のドライブ »

2008年01月09日

遊びと人間

本日は若手相手に企画書の添削なんてものをしたのだが、
競争、偶然、模擬、眩暈の4分類くらいは知っている前提で話をしたいねぇ、などと感じた。

ゲームを作るうえではこれに「思考」を加えて5分類で切れば、
大抵のものの骨格は理解できるのではないかと思う。

骨格を把握しないで肉をつけてしまっては、グチャグチャですよね。


ネットワークゲームも5分類で切るとその構成構造を把握しやすい。

競争、協力、交換、対戦、交流。

それぞれをどういうバランスで、どう成り立たせるか。
そしてどう連関させるか。
それを考えていけば形が見えやすい。



Back to Isokawa.net

投稿者 isok : 2008年01月09日 23:20