« あけましておめでとうございます。 | メイン | 元気玉? »

2008年01月02日

[読書] 決断力 - 羽生 善治

本日の読書。

決断力 (角川oneテーマ21)

チェスの世界王者ガルリ・カスパロフが書いた「決定力を鍛える―チェス世界王者に学ぶ生き方の秘訣」という本を先に買い、その後に比較して読んでみるのも面白いかと思い購入。
後者はまだ未読なのだが、この本の内容としては奇をてらったところが無く、うなずける言葉が多い。

「直感の7割は正しい」という言葉がこの本の中に出てくる。
理由は分からないが、の箇所が問題なのかを瞬時に知るというようなことを、仕事でプログラムをしてい頃には度々経験をした。
脳の中には意識下とは別の次元で推論をしている部分というものが存在しているように感じている。
だからこの言葉は実感として正しいように思える。

「直感」は「山勘」では無い。

まず「明らかな誤り」を排除するだけの鍛錬が必要である。
そして脳の中に判断の経験の蓄積が必要である。
そういったものがあった上で脳内に発生する「直感」の大部分は正しい。
それらが無ければ確率は限りなく「山勘」へ近づいていく。

打率を上げるために必要なものはトレーニングである。

自分の仕事に対してトレーニングをどれくらいしているのかを再考することは大事だ。



Back to Isokawa.net

投稿者 isok : 2008年01月02日 22:05