« 2005年05月 | メイン | 2005年07月 »

2005年06月28日

先物取引

先物取引といえば、小豆で大借金というのが昔からのイメージだが、先の法改正でネット取引が可能になろうとしている。
ホリエモンも先物の会社を買収したりと、株に続いてこの先一般的に普及させようという気配が非常に感じられる。

新しいお客を取ろうとして、各社も動きだしていて、バーチャル先物取引ゲームで新規ユーザーを獲得しようというような下記のような試みもなされている。

資産運用を学んで豪華賞品獲得!

力の入れ方が半端ではない。
商品総額を見てそういっているのではない。
実はこのプログラムのアフィリエイト報酬は1件520円なのだ。
これは無料の会員登録系の報酬が50~150円であることを考えると破格だ。
それだけ力を入れているということであり、さらには将来的にその投資を回収できると考えているのだろう。

商品先物取引というのは、本来はリスクヘッジとして使われるべきものだと思うのだが、
そんなこととは関係なく、いずれ個人の投資マネーがここにも流れこんで行くのかな。

あと、こんなページも見つけましたよ。参考までに。

http://www.isdnet.co.jp/~saki/orient.html

自分は投資に関してはぬるぽなので、投資信託をチョコッと買うくらいで、
後はバーチャルマネーで遊ぶだけにしておきますよ。

投稿者 isok : 01:06

2005年06月27日

アフィリエイトについて(その4)

前回まででアフィリエイトとポイントサイトというものが、奇妙な世界へ突入しつつあることを述べてきたが、アフィリエイトサイトの一部で話題となりつつある奇妙なアフィリエイトがある。

まずJANetというASPに登録をする。

次に下記のアフィリエイトを貼って、自分で購入。

ティーライフ ダイエットプーアル茶3点で1000円ポッキリセット

このプログラムの紹介料は2000円だ。本人での購入も可能。
売っているものは1000円。
つまり、自分のアフィリエイトから購入すると差し引きで1000円プラスになることになる。
つまり1000円+お茶を配っているのと同じなのだ。

うーん。謎ですね。

これから想像できることは4つ。

 (1)ダイエット用品だからリピーター期待で高額に設定した
 (2)ASPが売名行為で仕掛けた
 (3)個人情報が欲しい
 (4)なんか間違っちゃった

1だとしても2000円に設定する理由が思いつかない。1000円でも良い。
そもそもアフィリエイターは+1000円で、それ以外の人は-1000円という意味が分からない。
アフィリエイターはダイエットしている人が多いわけでもあるまいし。

2も考えにくい。どうせならもっと祭りになるようなネタを仕込むほうが良い。

3は個人情報保護法案に罰則規定がないとはいえ、お茶などというものまで用意しなくてもできること。

4の可能性が一番高いか・・・。

というわけで、まぁ面白そうだから頼んでみましたよ。

実は報酬が200円でしたとかいう落ちだったりしてね~

投稿者 isok : 00:41

2005年06月21日

夢を持つ「オトナのため」の?

我家では毎月テーマがあって、夫婦でそのテーマのものを調査、実践している。
(というつもりでやっている訳ではないのだが、なぜかそうなる)

今月はアフィリエイトだったが、先月はアバターであった。

アバターってアイテムを売るために、色々なパーツを同じように目立たせるようとして、
アバター自体のデザインがどこも似たりよったりで面白くなかった。

そんななかで見つけたのがコレ。
江川達也デザインのアバターによるコミュニティサイト「Jenka」。

なかに居る人はみんな村上くんやはるかちゃん。
妄想を膨らませば、なんかものすごくエロいものに見えないこともない。
そのへんが「オトナのため」なのか?

女性用に用意されているコスプレが何故かバスローブとウェディングドレスだけなのも「オトナのため」なのか?

端々で笑わせてくれるところがある稀有なアバターサイトであった。


投稿者 isok : 02:30

2005年06月20日

DISCAS

我家のあるK駅は東横線沿線で人口もそこそこあるのに、なぜかレンタルビデオ屋は手薄だ。
駅前にあまり大きくはない店が一軒あるだけ。

我家はアダム・サンドラーとかロブ・シュナイダーとかベン・スティラーとかのコメディが好きで、
彼らの古い作品が観たかったのだが、もちろんそのレンタル屋にはあるわけがない。

(最近、コレももちろん購入した)

そこでTSUTAYAのDISCASというのを試してみた。

リストを登録しておくと優先順位の高いほうから、メール便で届く。
封筒にDVDを直に入れただけというくらいの驚くくらい薄っぺらな包装で届く。
送り返すのは定形外郵便。

ものすごく不安にさせられる。
でも大丈夫なようだ。返却確認メールも届くし問題ない。

品揃えは豊富なので、新しいものを観るよりも、古い観たいものを探すのに便利だ。
無料期間だけ利用して、探していた作品を4本観るというのも良いのではないだろうか。

ただし無料期間中に解約するときは返却日が退会から10日後になるので注意。
遅れるとモノ凄い違約金を取られるのでビビる。
我家は最後の2本を観ずに返却してしまった。
余裕をもって返却してから解約するのが無難。

見損ねた2本は今度はLivedoorぽすれんでも試してみるか・・・。

(追記)
今見たら、6月末まで無料が1ヶ月でプレゼントもつくとかキャンペーンやってる。くそー (--;

投稿者 isok : 18:44

2005年06月17日

アフィリエイトについて(その3)

ポイントサイトについては、「アフィリエイトについて」で書いたが、その2で紹介した自分で作ったアフィリエイトを踏むという方法と実は構造的には非常に類似している。

ポイントサイトの基本的な構造はアフィリエイト収入のユーザーへの分配だ。
これは色々なアフィリエイトサイトでのポイントとASPでの報酬を比較すると、見事に報酬の50%となっていることでも確認できる。
(多くのサイトが2P=1円となっているのも、この50%という割合のためなのではないかと思える)

つまりポイントサイトのユーザーがやっていることは、自分でアフィリエイト申請をする代わりに、ポイントサイトのリンクを踏んで半分を受け取っているに過ぎない。
多くのユーザーにとってはそれはポイント(=現金)獲得のための手段に過ぎず、サイトからのメールもダイレクトメール処理用のフリーメールへと吸い込まれるだけとなる。

残りの何割かのユーザーから広告主が回収をできれば、広告宣伝費として成立する。
しかし無料懸賞のようなサイトの場合には、もちろんそのような回収の仕方は成り立たない。

そのようなサイトでのユーザー数の価値とはなんだろうか?
それは会員数の合法的な水増しだ。

この合法的な水増しが価値を産むケースについては色々とある。
株価、広告媒体としての価値、プレゼンテーション、担当者の評価・・・詳しくは書かないが・・・。

最終的に誰かが登録した人からアフィリエイトに相当するお金を回収しない限りは、誰かがババを引くことになるわけだ。

一体、誰がババを引いているのだろうか?

(さらにつづく)



とあるASPからSegaLinkのプロモーション開始の通知が来ていた。

それによると「まだ会員4万人のサイトなので、新規会員の大量獲得が可能です」って書いてある。
エスプレッソマシンもそれなりの倍率を勝ち抜いた結果なのだろうか?

投稿者 isok : 02:04

2005年06月15日

アフィリエイトについて(その2)

ここのところアフィリエイトを取り巻く色々なものについて私的に調査をしていた。
しかし調査をすればするほど、アフィリエイトというものが歪んだ構造のなかにあるという感触を受けてきた。

アフィリエイトの基本は利益を誘導することによる報酬である。
しかし利益=売り上げとは限らず、無料会員登録や、資料請求なども存在する。
その場合、アフィリエイターに支払われる報酬は実質的な収入の一部ではなく、
将来的に利用されるであろうという可能性のための先行投資や広告宣伝費という扱いになる。

しかし、これが何とも奇妙な現象を生み出している。

一例を挙げよう。
あなたが年会費クレジットカードを作りたいと思ったとする。
クレジットカード会社のページへ行って作ったら、あなたの手元にはカードがやってくる。

ところがだ、あなたがクレジットカードを作るときに、自分のサイトにアフィリエイトを貼って、そこから作ったとしよう。
あなたの手元にはカードと報酬として2000~3000円のお金が残る。

そんなことが起こっているのだ。

数年前であれば本人によるクリックは報酬対象とならないというものが多かったのだが、「本人申込OK」と明記されているものが増えてきているのだ。

下記のようなASPに登録して「本人」などで検索してみれば確認できる。




無料登録を合計するだけでちょっとしたお小遣いになってしまうくらいある。
HPの審査も以前よりもかなり緩やかになっていて、個人的なHPやBLOGでも審査に通る。
こうなるとASP自体が広告サイトになっているようなものだ。

(つづく)


ぁ、Aさん。マンション買うなら下のを踏んでいってくださいよ。
私にガッポリと入りますから。




投稿者 isok : 01:44

2005年06月08日

アフィリエイトについて

ここのところ、色々なことをグルグルと考えていた。
今やっているやつのアップが近いので、深層心理で逃避衝動が働いて、新しいアイデアが次々と出てくる。

そのなかのひとつがアフィリエイトとポイントサイトと呼ばれるものだった。
まずアフィリエイトについて簡単に図式すると。

 お客  → 宣伝サイト → 広告主 と利益を誘導した結果として、

 宣伝サイト ← 広告主 と利益が還元される。

しかし、お客さんには利益は返らない。
宣伝サイトがお客さんに目的の商品を紹介するというサービスを提供した見返りとして利益を獲得する。
次にポイントサイトといわれるものの仕組みだ。

 お客 → 宣伝サイト → 広告主 と利益を誘導した結果として、

 お客 ← 宣伝サイト ← 広告主 と宣伝サイトが受け取った利益の一部が還元される。

一見すると素晴らしい仕組みだ。
だが、この仕組みには現在のアフィリエイトブームを崩壊させるだけの危うさがある。
お客からすると目的の商品を見つけたら、そこで買わずにポイントサイトを経由して買ったほうがお得なのだ。

そうなると今まで商品を紹介するというサービスを提供していたアフィリエイトサイトというものは、利益があがらなくなる。
実際に調べてみると、私がよく買い物をしている楽天にもある裏技が存在することが判明した。

さてそこで次に来るのは何だろうか?
色々とアイデアが沸いてはくるのだが、どうもこういう方面をビジネスにするノウハウは無いんだよなぁ。

それにどうもアフィリエイトという仕組みは拝金主義的になりすぎている気がする。
SEOとかも何か嫌いだ。どうせ全員は1位には成れないんだし。
「みんな幸せ」を目指したいわけだ。

この前、奥さんが良いことを言っていた。

 「アフィリエイトのお金っていうのは買ってくれた人からの良い商品を紹介してくれてありがとうって気持ちなんだよ」

今、そんな気持ちでアフィリエイトサイトを作ってる人はどれくらい居るんだろう。

今朝、朝顔が咲いていた。
とても驚いた。
楽しませてくれた朝顔に「ありがとう」を言いたかったが、夜にはもう萎んでいた。

06080001.jpg

投稿者 isok : 23:38

2005年06月02日

息子が・・・

息子がコレを欲しいっていうんですよ・・・。
「かっけえー」「つくりてー」って言うんですよ・・・。
よくわかりません・・・(--;
もうすぐ誕生日なんですけどね。
なににしようかなぁ~

投稿者 isok : 01:36