2010年09月23日

読書量復活(ぎみ)

先月から今月にかけて、少しづつ読書量を回復。
レコーディングダイエットならぬレコーディング読書でページ数を記録するようにしたら、なんだか読む量が上昇しましたよ。
電子書籍にページ数の記録機能つけたらゲームになるね。

8月は1655ページ。9月はここまで1982ページ。
うーん、それでも1日100ページ以下だな。
読むよりもメモのまとめのほうが時間かかるのが問題。
やっぱり自炊か?

最近読んだなかで一番良かった本は、ヘンリー・フォードの
藁のハンドル

1928年に書かれたとは信じられない先見性。
「経営は科学である」「本物の企業は自らの顧客を創造する」とか、ドラッカーより26年も早い段階で言っていて驚く。

ただ「科学」とは言っているが、
「健康、力および熟練を兼ねそなえているものが資本家である。資本家がこの健康、力、熟練を最大限に活用するなら、彼は経営者(ボス)となり、さらに自己の能力を上手に活用すれば経営者たちの中の経営者、つまり産業の第一人者になる。」
などとも言っていて、まだ経営を体系、機能としてではなく、属人的な能力と考えていたのかもしれない。
あるいは「科学=万人のための体系化」ではなく「科学=限られた人が極めた叡智」と考えていたのかな?

もうちょっと勉強してみよう。

posted by isok at : 01:09

2010年03月03日

3がやっと出ました。

なんだか作を重ねる毎に難産になっていっている気がします。

要求レベルの上昇に能力と経験の蓄積が追いついていないのだな。

お客さんが楽しんでもらえるように、頑張らねばなぁ。

posted by isok at : 23:50

2010年02月11日

たんじょうびでしたが

娘から「○○○券」をもらいました。

1. おてずだいけん

「おてつだい券」ですね定番です。

2. まっさあじけん
3. かたもみもみけん
4. かたたきけん

これまた定番ですが、3枚ありました。
気遣ってくれてありがたいです。

5. ゆうこときくけん

券がなくてもきいてほしいんですが・・・。

6. しずかにするけん

一番使いそうです。

7. ほっぺちゅうけん

ありがとうございます。

8. あそんでいるけん

いつもあそんでいるんじゃ・・・。

9.とってくれるけん

券をとる手間と変わらないような気が・・・。

10.あそぶけん

それはむしろ使われるのは父さんのほうのような気がします。

11. やさしいけん

・・・え?

12. めいどけん どきどき(ハートマーク)

!!!

12番って使うとどうなるんだろう。

そんなこんなで41ですわ。よかった、よかった。

posted by isok at : 23:06

2010年01月01日

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします。

昨年は3記事しか書かなかった・・・。

情報を記録する場所が散逸しすぎているんですよね。

社内、社外あわせてSNSとかブログとか多すぎなわけです。

昔からインターネットでなにがしかをやってきた人って、

だいたい似たようなことになっているんじゃないですかね。

文字によるネットコミュニケーションは労力対効果が悪くなってきているんじゃなかろうか。

What's next?

posted by isok at : 00:00

2009年04月29日

お参り

P4291967.jpg


お参りしてまいりました。

願掛けのようなことは昔はあまりしなかったので、

絵馬を書いたのって産まれて初めてかも。

「人事を尽くして天命を待つ」という言葉がありますが、

人事なんていくらやっても尽くしきれません。


任天堂の山内元社長も言ってましたなぁ・・・

「人事を尽くして天命を待つと言うたって、人事なんてなかなか尽くせるもんやない。

その時は、やるだけやった、後はどうなっても満足だと思うかもしれんが、しくじったとたん、

ああしておけばよかった、こうもすればよかったと、次から次に反省が生まれるものです。

だから、どんなに人事を尽くしたつもりでも、人は天命を待つ心境になれない。

そういう意味でもわたしは、任天堂の名の由来のごとく、『人事を尽くして天命を待つ』のではなく、

単純に『運を天に任せる』という発想をとりたいと思うとる。」


人事を尽くすことを諦めるのではなく、尽くしきろうとしたその先にある言葉ですね。

娘のお願いは「いちごだいすきになりたい」・・・・え?

人事とも天命とも関係ありませんな。

それでいいのだ。

posted by isok at : 21:44 [日記]